Menu

新築注文住宅

Home

川本住宅工房の注文住宅

弊社では省エネで健康や家計にやさしい家づくりを目指しています。
特に枠組壁工法(2×4工法)を得意としています。枠組壁工法(2×4工法)とはフレーム状に組まれた木材で支える構造、つまり、壁や床で家全体を支える工法です。
そしてデコスドライ工法も取り入れることで安全で快適な住みやすい家を実現しています。

枠組壁工法(2×4工法)の特長

【耐震性】
日本で古くから伝えられてきた工法に木造軸組工法があります。これは柱で家を支える工法で耐震性が課題でした。枠組壁工法は壁や床といった面で家を支えるので地震や暴風のような力が均等に家に伝わります。その為、力が分散されて災害に強い家が出来上がります。
【耐熱性】
熱伝導の低い壁と床パネルをそれぞれ組み立てるので断熱性や気密性が高まります。断熱材も使用するので1年を通して空調機器に頼りすぎない快適な暮らしが実現します。
【耐火性】
一定の間隔でフレーム状に壁で仕切られた構造の為、万が一火事になった場合でも火の回りが遅くなり大切な命や家を守りやすくなります。また、壁や天井に石膏ボードを使用します。これは火災等により高温になると熱分解を起こして水蒸気が発生する特徴も持っています。

建売と注文住宅の違い

建売と注文住宅の違い

建売と注文住宅の違いは建物が建っているかどうかです。建売は基本的に土地付きの建物を購入することなので、事前に間取りや部屋の広さなど、実物を見て購入を決めることが出来ます。また生活のイメージがしやすいことや購入後すぐに住めることも特徴です。
注文住宅は土地を購入してから建てるので一から造り上げていくことができます。趣味や家族構成、好みのデザインなどの希望を反映させやすいことが魅力の一つです。注文住宅は建売に比べて費用が高いイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、予算に合わせた施工が可能なので自由度が高く選ばれています。

費用について

費用について

お打ち合わせの上、お見積りをいたします。
ご希望の予算に合わせてプランをご提案させていただくことも可能ですので、何でもお気軽にご相談ください。

土地をお探しの方へ

土地をお探しの方へ

土地選びは慎重に行うことが大切です。
「土地の安全性・土地の形状・日当たり・近隣の状況・道路・ライフライン・最寄り駅」など、土地探しの際に考慮したい点は多くあります。
また、希望の土地を見つけることは難しいことが多く、手間がかかります。
不動産業者と建設会社が異なるとイメージする生活スタイルに合わない土地を選んでしまったり、
様々な会社との打ち合わせで時間を取ってしまったりと大変です。
弊社では不動産業も兼ねていますので土地探しから設計、施工まで一貫して行う事ができ、
ご希望の間取りや暮らしに合った土地探しが可能です。

アフターサービス

デコスドライ工法で施工を行った場合は無結露20年保証を行っております。
お客様の正常な管理・使用状態において万が一結露が発生し、建物に損害が生じた場合は無料で補修を行います。その他にも家の事で万が一お気づきの点があればご相談下さい。